読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきらめる必要はない。何歳でも治療できる!

あきらめる必要はない。何歳でも治療できる!

EDになったら、その後の人生から満足行くセックスをあきらめなくてはいけない…と思っていませんか?そんなことは全くありません。ED治療は何歳からでもスタートできます。70代や80代でもED治療薬を使用できますし、中には90代の方まで!現代では一生涯、豊かなセックスライフを送ることは十分可能なんです。

また、ED症状というのは、何かしら体が危険信号を出している場合に現れることも多いのです。EDは動脈硬化の初期症状としても有名です。体の異変としてEDがあらわれているのなら、ED治療だけでなく、日々五夜神の生活改善や、場合によっては病気の治療を行う必要があります。そうした病気ではなくても、心因性のストレスが知らず知らずのうちに大きく体に負担をかけ、EDとなって表れていることも。

どのような場合にせよ、ED症状を感じたらなるべく早く医師に相談し、ED治療を行うだけでなく、EDになった原因を探ることも、今後の心身の健康のためにも必要なことと言えるでしょう。
ED治療はどんなことをするのか?

治療と言ってもほとんどの場合はED治療薬を服用するだけ、と簡単ですので、男性機能に衰えを感じたら気軽に専門病院へ行って医師に相談し、ED治療薬を処方してもらうことをオススメします。
ED治療を行っている病院では、ほとんどの場合、簡単な問診とED治療薬の説明を受ければあっさりと薬を処方してもらうことができます。病院によっては血圧を測るなどの工程があることもありますが、下着を降ろして男性器を見せたり、触診や写真撮影などされることは、どの病院でもまずありません。

ただし、ED治療薬とは別で日常に使用している薬がある場合は、必ず控えていくか、持参するかしましょう。黒蟻王ED治療薬は血管を拡張する作用のある「医薬品」ですので、併用禁忌に指定されている薬を使用すると、重大な副作用があらわれてしまったり、最悪の場合は死亡事故にもつながります。併用を禁止されている薬の中には、内服薬だけでなく、湿布や塗り薬、水虫薬なども存在しますので、日常で使用している医薬品については必ずすべて申告しましょう。

バイヤグラの個人輸入はリスクが高い!

バイヤグラの個人輸入はリスクが高い!

バイヤグラを手に入れたい、と思ったとき、一番にして唯一の正しい方法は『医師に処方してもらうこと』ですが、医者に行くなんて恥ずかしいからなんとか自力で手に入れたい!と思われる方はきっと多いでしょう。そこでインターネットを頼る方は多いのではないかと思います。インターネットでバイヤグラを検索すれば簡単にネット経由の個人輸入の方法や五夜神個人輸入代行サイトなどが見つかります。誰にも会わずにこっそりバイヤグラを手に入れられるなら…と、安易に考えていませんか?実はインターネットでのバイヤグラ購入は非常に危険な行為なんです。

ネットで製品を注文する場合、製品はたくさんの顔の見えない販売者・購入者の間を渡り歩いてやってきます。その間どこで偽物に姿を変えるのか、それは誰にもわかりません。もちろん、末端の購入者である私たちには確かめようがありません。
ある調査によると、インターネットから手に入るED治療薬のうち実に55%が偽造医薬品であったという結果が出ています。有効成分が含有されていなかったり、全く別の成分が含有されていたり、中には不純物が混じっていたり、人体に深刻な影響が出かねない代物も多くあったようです。

青い絵の具をコーティングしただけのチャチな偽造品もありますが、黒蟻王中には医師ですら見分けが難しいほど精工に作られた偽造品までありますし、わざわざ一度アメリカを経由してアメリカ製として販売されている手の込んだケースもあります。届いた製品を本物か偽物か見極めるのは、素人には非常に難しいといえます。
ネズミやゴキブリが死んでいるような不衛生的な環境で製造されていた偽造バイヤグラも報告されています。
偽造品を服用して重大な事態を招かないためにも、インターネットを経由したバイヤグラの購入はやめたほうがいいでしょう。

失敗しても誰も公的救済は受けられない

医薬品を個人輸入すること自体は違法ではありません。しかしながらバイヤグラの服用は本来、併用禁忌薬を確認し、用法用量を守って服用しなければならないもの。つまり、医師の指導が必要な『医薬品』なのです。飲み合わせや飲み方によっては命に危険が及ぶこともある薬です。素人判断で安易に口にしていいものではありません。

医薬品は、医師の指示通りに服用していてもまれに健康被害が起きてしまうことがあります。ですがそんな時は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構という組織が整えた「医薬品副作用被害救済制度」という制度を使えば、治療費や障害などに対する年金が支払われます。でも個人輸入したバイヤグラを飲んで健康被害に合った場合、医薬品副作用被害救済制度の適用外になり、公的救済機関は助けてくれません。ネット購入は、高い健康被害のリスクがつきまとう上に、万が一の時にも救済がないというリスクもあるのです。